おせち料理のいわれ

蒲鉾、黒豆、田作り、栗きんとん・・・おせち料理のひとつひとつには、縁起の良い「意味・いわれ」があります。お正月の豆知識として覚えておきたいものですね。ここでは一般的なお重詰めの詰め方にしたがって、壱の段に入れるおせち料理から順に、それぞれのおせち料理の意味・いわれをご紹介します。


壱の重【口取り・祝い肴】

重箱を重ねたときに1番上になる壱の重には、お正月にふさわしい祝い肴(いわいざかな)を詰めます。なかでも、数の子・黒豆・田作りを「三つ肴(みつざかな)」といい、正月には欠かせないものとされています。

関西では、田作りではなくたたきごぼうを加えた、数の子・黒豆・たたきごぼうが三つ肴です。

●数の子

ニシンの子なので二親から多くの子が出るのでめでたい。子宝に恵まれ、子孫繁栄。「二親健在」にも通じます。

●黒豆

まめに(勤勉に)働き、まめに(丈夫で元気に)暮らせるようにと願います。

●田作り

イワシが畑の肥料だったことから「田作り」「五万米(ごまめ)」と呼ばれ、豊作祈願の料理。また、小さくても尾頭付き。

●たたきごぼう

ごぼうのように根を深く張り代々続くように。たたいて身を開き開運を願います。

三つ肴の他にもたくさんのおめでたい料理が入ります。

●紅白蒲鉾

半円形は日の出を表します。とくに初日の出は年神様を象徴しておめでたい。紅白は、紅は魔除け、白は清浄を表します。
●伊達巻

「伊達」とは華やかという意味。昔の伊達者(シャレ者)たちの着物に似ていたので伊達巻と呼ばれるようになったといわれています。昔の書物や掛軸が巻物であることから、巻いて知識や文化の発達を願いました。

伊達巻だけでなく、おせち料理には巻いた料理が多くあります。
●昆布巻

「喜ぶ」の言葉にかけて、正月飾りにも使われる一家発展の縁起物。昆布巻も巻いた料理のひとつですね。
●栗きんとん

栗は、乾燥して殻と渋皮を除いたものを「搗栗(かちぐり)」ということから、「勝ち栗」とも呼ばれる縁起物。きんとんは「金団」と書き、黄金色で金銀財宝にたとえて、豊かな1年を願います。

●ちょろぎ

黒豆の上で彩りを添えている赤くて細い渦巻き状の「ちょろぎ」。シソ科の植物で食用とされるのは塊茎部分です。「長老喜」「千世呂木」と書き、長寿を願います
錦玉子

黄身と白身の2色が金と銀にたとえられます。二色(にしき)を錦に掛けているともいわれています。


弐の重【焼き物】

縁起の良い海の幸が中心です。

ぶり

ぶりは大きさによって名前が変わる出世魚。立身出世を願います。

「めでたい」にかけて。姿も良く味も良い鯛は、江戸時代からめでたい魚として祝い膳には欠かせないものです。
海老

海老は長寿の象徴。腰が曲がるまで長生きできるようにと願います。



参の重【煮物】
山の幸を中心に、家族が仲良く結ばれるよう煮しめます。
●れんこん
穴があいて、向う側が見通せることから、将来の見通しが良いという縁起物。
●里芋・八つ頭
里芋も八つ頭も、親芋に子芋や孫芋がつくことから、子孫繁栄。また、八つ頭は頭となって出世をするようにとの意味もあります。
●くわい
丸い塊茎の部分から大きな芽が出ているので「芽が出る」、「めでたい」縁起物です。
●ごぼう
細く長く、地中にしっかり根を張ることから「延命長寿」や「地域に根付き安心して暮らせるように」という願いがこもった縁起物。



与の重【酢の物・和え物】
忌み数字の「四」は使わず、「与の重」とします。日持ちのする酢の物などを詰めます。
三段重の場合は、ほかの段に詰めてもOKです。
●紅白なます
大根とにんじんは紅白でめでたく、祝いの水引にも通じます。また、いずれも深く根が張る根菜なので、「深く根が張りますように」という意味も込められています。
●菊花かぶ
冬が旬のかぶを菊の花のように飾り切りした酢の物です。菊は邪気祓いと不老長寿の象徴です。
●小肌粟漬
小肌はコノシロという魚の成魚になる前の名前。出世魚で縁起がよいとされます。クチナシで黄色く染めた粟で、五穀豊穣を願います。


五の重【控えの重】
五の重まであるお重箱は、めったに使われないと思いますが、年神様から授かった福を詰める場所として空っぽにしておくか、家族の好物や予備の料理などを入れるとされています。

先人たちの願いがこもった縁起の良いおせち料理を味わい、新しい年が幸せでありますように。

Copyright© KIBUN FOODS INC. All Rights Reserved.