パパ大活躍!男のおせち料理

家族そろって迎えるお正月。一緒に楽しく過ごすためのおせちの準備も、誰か一人が頑張るのではなく、みんなで協力して楽しくやりましょう!
いまやおせちの定番になりつつあるローストビーフは、ごちそう感があって大人気!
炊飯器を使った豪快な煮物は、手羽先と魚河岸あげ®でボリューム満点なので子どもたちも喜ぶはず。
実はこの2つのお料理は、意外と簡単で初心者の方でも作れます。
ここはパパの出番!ぜひ、チャレンジしてみてください! 

ローストビーフ

ローストビーフを作るのはハードルが高いと思われがちですが、いくつかのコツを押さえれば、オーブンいらずで、意外と簡単にできちゃいます。

【材料(作りやすい分量)】
・牛ももかたまり肉(ローストビーフ用)…400~500g
・塩…小さじ1弱
・コショウ…適量
・オリーブ油…大さじ1
<ソース>
・ニンニク…1片
・醤油…大さじ3
・はちみつ…大さじ1
・玉ねぎ…1/4個
・りんご…1/4個

【作り方】
①牛肉は冷蔵庫から出し、1~2時間置いて常温に戻し、キッチンペーパーで水気を拭き取り、塩、コショウをもみ込む。
②フライパンにオリーブ油を熱し、全面を1分30秒~2分ずつ焼く。
③アルミホイルを2重にし、牛肉を取り出してぴっちりと包む。
④フライパンに戻してフタをし、弱火で8分間蒸し焼きにする。途中、上下を返す。
⑤フライパンから取り出し、アルミホイルに包んだまま冷ます(余熱で火を通し、肉汁を落ち着かせる)。できれば冷蔵庫で一晩寝かせる。
⑥ソースを作る。フライパンにソースの材料と、⑤で出てきた肉汁を加えトロリとするまで煮詰める。
⑦⑤を薄く切り、器に盛り付け、ソースを添える。好みでベビーリーフ等を添える。

   
   
🄿🄾🄸🄽🅃
肉に厚みが足りないと火が通りすぎることがあるので、3~4cm程度の厚みがあるかたまり肉を選ぶのがポイント!
ローストビーフを薄く切るコツはしっかりと冷ますこと。
クルクルと丸めて花びらのように盛り付けると、ハレの日にふさわしい華やかな見た目になります。


魚河岸あげ®と手羽先・大根のこっくり煮物

手羽先のうまみと味が染み染みの大根、ふんわりなめらかな魚河岸あげ🄬のボリューム満点の煮物。炊飯器で作るから手間なしなのがうれしい◎。

【材料】

・魚河岸あげ®…1パック

・大根…1/2本

・鶏手羽先…8本

・絹さや…8枚

・しょうが…1/2片

A だし汁…50ml

A しょうゆ…大さじ3

A みりん…大さじ3

A 酒…大さじ3

A 砂糖…大さじ1弱

A オイスターソース…小さじ1

【作り方】
①大根は厚さ3cmに切り、皮をむき半月切りにする。しょうがは薄切りにする。
②炊飯器に、手羽先と①、Aの調味料を加え炊飯のスイッチを入れる。
③魚河岸あげ®は2等分に切る。絹さやは塩ゆでする。
④炊飯が終了したら、魚河岸あげ®を入れ、20分ほど置く。
⑤器に盛り、絹さやを飾る。


🄿🄾🄸🄽🅃
炊飯器で調理できるので、お料理初心者の方にもおすすめ!
まろやかな魚河岸あげ®に、やわらかく味のしみこんだ大根と鶏手羽先がおいしく、大人から子どもまで喜ばれる一品です。隠し味のオイスターソースでこくをプラスしています。
※取り出すときはやけどに注意し、ミトンなどを付けて取り出してください。また炊飯器の種類によっては、調理にむかないこともありますので、取扱説明書等をご確認ください。

Copyright© KIBUN FOODS INC. All Rights Reserved.